Support

Moncha tutorials

Moncha 5 tutorials

日本語表示をするためには
アプリケーションを立ち上げ、メニューにSetings(セッティング)>Set LanguageここでJapaneseを選択して再起動を行います。

大きな画面でご覧下さい。

タイトル媒体時間カテゴリー簡単な説明
Moncha 148ヶのレーザーショー再生

youtube
日本語

10:54 新機能 購入時には既に148のショーが入っています。これらの再生方法をご紹介します。
Monchaシーンを作る ウエーブ編

youtube
日本語

02:21 新機能 よく使われるオーロラと言われるようなシーンの作り方の説明です。
Monchaレーザープレビューポジション レーザーの見え方を再現

youtube
日本語

02:05 新機能 ステージの中にレーザー3台を配置する方法の説明
Moncha出力の見え方を設定

youtube
日本語

01:38 新機能 レーザーの位置など自由に設定してレーザーの見え方をちょうせいすることが出来ます。
MonchaでSDに照射位置とごとシーンを保存

youtube
日本語

02:15 新機能 Moncha.netを使いSDカードにシーンを保存するときに使用していたデバイスの情報ごと保存する方法です。 Artnet Guruを使用しましたが、これはMoncha.net boxを使用しスタンドアロンモードで照射しても同じようになります。
Moncha 5 - プリセット
youtube
01:24 新機能 Moncha5の新機能の一つで簡単に素早くシーンが作れるようになりました。
シーンを選びます。右クリックでシーン編集が開く。Presetsをクリック、アニメーションウインドウが開きますので好きな物を選ぶだけです。カラーパレット、ウェーブ、回転、位置、サイズなど
Moncha 5 - マルチシーン
youtube
01:07 新機能 マルチシーンとは一つのシーンの中に複数のデバイスに決められたシーンを入れることが出来る機能です。変更をしたいシーンを選択、メニューからシーン>マルチレーザーシーン作り選択又はメニュー下にある同じアイコンをクリック。メッセージが表示されます。シーンを変えるときにはYes。マルチレーザーエフェクトのウインドウが開きます。デバイスに好きなシーンを選択。この時のオフセットも好きに決められます。このデバイスをダブルクリックでシーン編集が行えます。
Moncha 5 - マルチレーザーショー
youtube
01:54 新機能 一つのシーン(一連の動きなど)の中に複数のデバイス(レーザーの台数だったり照射エリア)を作り込むことが出来ます。また、このシーンをショーの中に入れ込むことも簡単です。
Moncha 5 - レーザーマトリックスシーン
youtube
01:42 新機能 シーンにモンチャマトリックスの動きを追加する事が出来ます。
シーンを選択モンチャマトリックスから動きを選択後、Settings>>でAssign Movemento to Sceneをクリックでシーンに反映されました。モンチャマトリックスを設定されている場合はシーンの左下に#マークが付きます。
Moncha 5 - ショーの中のシーンを変化
youtube
01:27 新機能 ショーの中にシーンをドラッグアンドドロップ、このシーンに色々なエフェクトを追加出来ます。ショーに入れたシーンをダブルクリック、イベントアニメーションのウインドウが開きます。位置、サイズ、明るさ、色の変化などを追加出来ます。

Moncha 5 - スケジュール機能

ボックス型Monchaにはこの機能は無いですがPCを使わずに同じような機能を有する事が可能です。Monchaをスタンドアロンモードにし、レーザーとMonchaをタイマー付きコンセントに接続するだけです。

KVANT社Logolasの為に追加された機能です。

youtube
03:09 新機能 このビデオはMoncha RTC(リアルタイムクロック)のためのショースケジューラーを設定する方法を示します。 あなたはMoncha.liteをMoncha.lite RTCカードを使って改良することができます。これはMonchaデバイスのリアルタイムクロックを提供します。 これにより、コンピュータなしで希望の時間と周期(毎日、毎週、または1年に1回)でレーザーショーを再生するためのショースケジューラを作成できます。

古い Moncha チュートリアル

タイトル媒体時間カテゴリー簡単な説明
Moncha.Boxを開封する
youtube
00:56 はじめ 新しいMoncha.NETイーサネットILDAインターフェイスに関する基本情報。
Moncha.NETの接続方法
youtube
00:54 はじめ Moncha.NETのハードウエアの接続方法
PCネットワークの設定方法 | Moncha.NET
youtube
01:18 はじめ This video helps you to setup your computer IP address. You will be able to control Moncha.NET device using Moncha.NET (Fiesta.NET) software.
MonchaUSB 0 - Windows Vista / 7でのUSBドライバのインストール
youtube
01:16 はじめ Windows VistaとWindows 7でMoncha USBデバイスドライバをインストールする方法
Moncha.NETソフトインストロールと設定
youtube
03:19 はじめ Moncha.NETソフトインストロールと設定
CDからのインストロールをします。ディスクトップ上に3つのアイコンが表示されます。Monchaのアイコンは、レーザーをコントロールする為に使います。SearchアイコンはPCとMonchaを接続します。Quazarはオリジナルの絵を描く事が可能です。
PCとMonchaを接続するための設定とレーザーを照射するためのデバイス設定。
Moncha.NETシーンの作り方
youtube
02:40 ソフトウエア シーンを選択後、右クリックでシーン編集ウインドウが開きます。ここで色々なシーンを作る事が出来ます。
Moncha.NETショーの作り方
youtube
02:20 ソフトウエア Monchaソフトウェアでは、完全な音楽同期レーザーショーを作成することができます。 このビデオでは、音楽を選択する方法、シーンをショータイムラインにドラッグアンドドロップする方法、またはショーを再生する方法について説明します。
Moncha.NETキーフレームの編集
youtube
03:00 ソフトウエア 正確な音楽同期レーザーショーを作成する場合にキーフレームの編集が役に立ちます。ショーに置いたシーンをダブルクリックするとキーフレーム編集ウインドウが開きます。
MonchaNET - Moncha Matrix
youtube
04:01 ソフトウエア LaserMatrixは、複数のレーザーシステムのライブレーザーショーエフェクトを作成する方法として最適です。 このビデオでは、LaserMatrixエフェクトの基本的な使い方について説明します。 また、新しいLaserMatrixムーブメントの作成も行えます。自由自在にオリジナルのマクロも作れます。
Moncha.NET シーンをSDカードに書出
youtube
01:36 ソフトウエア Moncha.NETは、DMXやArtNETによって制御されるレーザーショーを行うのにも最適です。 このビデオでは、MonchaソフトウェアからMoncha.NETのSDカードにレーザーショーやシーンを書き出す方法を説明します。
Moncha.NET ショーをSDカードに書出
youtube
01:07 ソフトウエア Moncha.NETデバイスは、コンピュータを必要とせずにSDカードから音楽同期レーザーショーを再生することがきます。 このビデオでは、完全なレーザーショーをSDカードに書き出す方法について説明します。
Moncha.NET シーンをSDカードにアップロード(Monchaデバイスに挿入されているSDカードに直接データーを入れる)
youtube
01:36 ソフトウエア コンピュータからかなり離れたステージにMoncha.NETデバイスがありMoncha.NETデバイスに挿入されているSDカードにMonchaレーザーショーシーンを直接アップロードする方法です。

http://www.showtacle.jp
Moncha.NETをDMXで制御する
youtube
01:55 ハードウエア設定 Moncha.NETデバイス(ボックス、ディスプレイ、または.goバージョンのいずれであっても問題ありません)は、DMX制御でレーザショーを行うのに最適です。 このビデオでは、Moncha.NETデバイスで使用するDMXコントローラの設定方法について説明します。PCを使わずにDMXのみでコントロール出来ます。
Quazarの使い方
youtube
10:34 ソフトウエア レーザーで照射する為のデーターを作る為に使われるQuazar(クワザル)アプリの使い方の説明です。

Fiesta tutorials

日本語表示をするためには
アプリケーションを立ち上げますとメニューにSetings(セッティング)>Set LanguageここでJapaneseを選択して再起動を行います。

 

 Fiestaの使い方を動画で説明をしています。(画面表記は英語ですが見て頂ければおわかりになるかと思います。)

動画は出来るだけ大きな画面でご覧下さい。

 

タイトル媒体時間レベル簡単な説明
インストールとイーサネット接続
youtube
02:58 ソフトのインストール方法とコンピューターのIPアドレス設定
ソフトの基本的な使い方
youtube
03:13 シーンはキーボードと同じ配置になっています。レーザーのON,OFF,サイズ、ポジション、ブライトネスやショーの再生など
デバイス設定方法
youtube
03:02 デバイスの設定(DrawAreaとHardware DrawAreaの違い)1台のレーザーで複数の照射場所を設定できます。ウインドウの整理
シーンにカラーを付ける
youtube
02:37 シーンにカラーを付ける色々な方法。
シーンにテキストを作る
youtube
03:38 ワークスペースの削除、バンクの追加、デバイスの追加、シーンにテキストを作る、デバイ、スの見え方の調整、テキストのサイズ、密度、間隔、フォントの選択、カラー、スピード、全テキストの表示方法

ショーについて

youtube
04:25 ショーに音楽を追加、ショーの削除と追加、同期方法選択、音楽を選ぶ(wavファイルで波形を表示)再生、停止、シーンをショーに入れる、シーンの長さを調整と移動、Event Settingsの使い方
ショーにシーンのエフェクト追加
youtube
05:02 ショーのシーンにエフェクトを付ける(カーブの編集ウインドウ)一つのシーンを変えずに簡単にシーンのエフェクトをショーに反映できます。
ショーにデバイス設定
youtube
03:04 デバイスの並び順で番号が決まります。ショーの右端の数字をダブルクリックしデバイスの番号を設定出来ます。
シーンのシーンプロパティー
youtube
03:33 トランスフォーメーションバッハに動きを追加(動かす、回転、カラーチェンジャー)
シーンツリーのコピーサブツリー、ペーストサブツリー、シーンツリーの使い方
シーンの作り方1
youtube
03:17 トランスフォーメーションバッファ追加、ディスラプト(ウエーブ)、ドット、クリップ、カラーチェンジャーの使い方
シーンの作り方2
youtube
02:17 中  トランスフォーメーションバッファ追加、キーフレーム(サイズ、ブライトネス、回転、位置)使い方
レーザーマトリックスの使い方
youtube
03:48 中  ワークスペース読込、デバイスの設定(名前を付ける)、メニューから表示>ツールバー>レーザーマトリックス選ぶ、メニューから表示>ツールバー>レーザーマトリックスプレビュー、メニューから表示>ツールバー>レーザーマトリックスの動き、メニューから設定>レーザーマトリックス設定、この例では3台のレーザーを使う設定です。DMXマッピングから繋がれているIPアドレスを選択。レーザーマトリックスの動きから動きを選んで下さい。レーザーマトリックスの位置、サイズ、ブライトネス、スピード、動きの反転など。
レーザーマトリックスの動きの編集
youtube
02:40 中  レーザーマトリックスの動きの編集(動きを選び右クリックの編集を選ぶとレーザーマトリックス動作編集ウインドウが表示されます。レーザーマトリックスの動作のウインドウ内でダブルクリックするとカーブの編集ウインドウが表示されます。作ったものをコピーや貼付が可能です。ここでレーザーマトリックスの動きを編集、動作の追加、コピー、貼付、消すことが出来ます。
レーザーマトリックスと音楽のシンクロ方法
youtube
03:11 中  レーザーマトリックの動きをショーに加えることができます。
スクリーンマッピング
youtube
01:35 中  映像で言う台形補正のような事が出来ます。例えば煙突や建物にキャラクター等を照射する場合にキャラクターの形を変えずに照射出来るように設定出来ます。デバイスの編集の中にスクリーンマッピングがあります。これを微調整します。
ショーをシーンに入れ込む方法
youtube
01:41 中  作ったショーをILDAへ書出をしてシーンに入れ込むことができます。ILDAファイルは世界標準のファイルです。FiestaではILDAファイルをサポートしていますのでILDAファイルをネット上であればそれを再生することが出来ます。また、ILDAへの書出もサポートしています。
カラーバランス調整
youtube
01:50 Fiestaでは細かなカラーバランス調整が行えます。これらを保存してレーザー本体のシリアルナンバーと一致させて起きましょう。次回レーザーを使うときに役に立ちます。
ブライトネスマップ
youtube
01:32 中  レーザーを安全に保つには、特に強力なレーザーショーシステムを使用するときにレーザーの明るさを下げる必要があります。 Fiestaのブライトネスマップでは、明るさマップの領域を定義し、明るさを下げるか、レーザーを完全にオフにして傷害を防ぐことができます。
照射したくないエリアを設定する場合に「設定エリアを照射」にチェックを入れると枠が表示されます。デバイスセッティング、ブライトネスマップ、ブライトネスマップ編集、エリア、追加、削除、バックグラウンド濃度
Moncha.NET SDカードへの書出

youtube
01:40 中  Fiestaで作ったショーはMoncha.NETのSDカード用に書き出すことが可能です。
メニューのショー>Export show to Moncha.NET
DMXで設定したい番号を「DMXアニメーション番号」で設定。書き出したいしたいデバイスを「書出すデバイス番号」で設定。デバイスで設定した内容を含めて書き出すには「デバイス設定を反映させる」にチェックを入れます。
注意:書き出したファイルの名前は変えないで下さい。「EFF001.MNT」これがファイル名になり、001~255の番号になります。
Quazarの使い方
youtube
10:34 レーザーで照射する為のデーターを作る為に使われるQuazar(クワザル)アプリの使い方の説明です。


Q&A