Laser Show Software by Showtacle - ソフトウェア

Fiesta! 2

販売終了

Fiesta.NETへ移行しました。

..:: 超簡単にプロのレーザーショーが出来る ::..

Fiesta!2(USBタイプ)は2013年に生産中止になりFiesta.NET(LANタイプ)に変わりました。
使い慣れていたFiesta!2のお客様もFiesta.NETへの移行してもアプリケーションソフトの使い方はほぼ変わっていません。今まで以上に機能が充実してパワーアップしました。
Fiesta!2とFiesta.NETの違いはFiesta!2はUSBタイプでしたがFiesta.NETはLANタイプになっています。USBのケーブル長さや台数には制限があり、ILDAケーブルを伸ばすしか方法がありませんでした。ILDAケーブルを長くすと言うことは電圧降下をおこし、レーザーの出力を100%生かし切れない可能性もあります。またILDAケーブルは高価です。
このような欠点を取り去ったのがLANを使ったFiesta.NETです。

【カタログダウンロード】

【ご購入】

レーザーショーを行うためのソフト・ハードウェアの中で、非常に簡単でパワフルなものは Fiesta!2です。レーザーショーをするためのソフトウェア・ハードが全て付いています。勿論、レーザーショーをする為の音楽とも完全にシンクロします。現在の市場の中でもっとも簡単なソフトウェアです。

短い時間でスタンバイ OK

貴方の思い通りのことが簡単にプログラムが出来ます。

Fiesta!をシンプルにすることにより、スマートな方法でレーザーショーを作れます。
テキストなども、ほんの少しの時間で作ることも出来ます。勿論、日本語、英語、韓国語、中国語、ロシア語、多言語の表示可能です。
(コンピューターに入っているフォントに依存しますので、多言語に対応しています。)

可能性

Fiesta!2は色々な可能性を秘めています。

  • シンプルで解りやすく強力な効果を得られます。
  • Wav、Mp3またはCD-Audioとの同期をすることが可能です。
  • ライブでのレーザーショーも可能でキーボードを押せば瞬時に反応します。また予め作っておいたショーも簡単に再生することも出来ます。クラブやコンサート、イベントなど、どんな場面でも対応できます。
  • MIDI機器へも対応してますので、それらの装置と繋ぎ操作することも可能です。

エフェクト

簡単に色々なエフェクト効果を上げる為にツリータイプ構造をとっています。
ツリータイプ構造なのでエフェクトを更にエフェクトをかけると言うことが簡単に行え、色々な効果を得られます。この構造は無制限に行うことが可能です。

考え方

1ページに37個のエフェクトを作ることが出来ます。それを無制限に作ることが出来ます。

全てをコントロール

サイズやブライトネス、動作スピード等々を全てを簡単にコントロールすることができます。

音との同期

音データーのWAVまたはMP3フォーマットのデーターを読み込み音を聞きながら好きな所に好きなエフェクトを配置して完全に音とシンクロさせることが出来ます。
エフェクトは波形の上に置くだけ、そのトラックが50も使うことが可能です。
トラックごとに自由にレーザー装置を選びコントロールすることもできます。
ショーを迅速に作るためにはWAVフォーマットの音データーをセットすることです。そうすることにより、ショーのエリアに音の波形が現れます。これは正確に音とエフェクトを同期させることを可能にします。

色々なショーを一つの画面で管理でき簡単に選ぶことも出来ます。また、MIDI装置などを経てコントロールすることも可能です。
ショーが再生されている時にでも追加したり、修正したりすることもできます。これはFiesta!2の柔軟性とパワーの証明です。
同期してショーが再生されていても、他のレーザー装置から新しいエフェクトを再生することも可能です。
例えば1台のレーザー装置はショーを再生していて、2台目はリアルタイムでエフェクトを選び出力することもできます。

ハイクオリティー出力

レーザー装置には微妙にそれぞれ特徴が有ります。2台を同時に使うときにバラツキがある時にブランキングなどのをFiesta!2は調整することができます。

カラーバランス

レーザー装置は固有の微妙な特徴を持っています。色に付いても同じです。そのような時にはFiesta!2の機能であるカラーバランスを使います。これを使うことにより細かな色の補正を行えます。また、レーザーがフェードアウトする時の色のバランスなども調整することも可能です。それには解りやすいカラーパレットやグラフで表示されていますので、マウスなどで選び好きな位置に調整することで可能になります。

読込み書出し

Fiesta!2は読込み書出しの機能にもパワフルです。ILDAショーのデーターを読み込んだり、ILDAデーターを読込再生することもでき、Fiesta!2でもILDAデーターの書出も出来ます。勿論、音とのシンクロも可能です。
他の製品のCU BoxやSD-ILDA Player、JukeBox等への書出にも対応しています。

インターフェイス

誰もがレーザーショーを簡単にかつ安全に行うための機能を備えています。直感的に使えるようにテキストでのプログラミングでなくグラフィックで構成されています。その為に初心者などにも解りやすいインターフェイスになっています。

ビジュアルで見せます

レーザー装置を繋げなくともFiesta!2のソフトだけでレーザーが照射されたのと同じような映像を表示します。また、空間のスモークの量なども調整でき実際に見た時と同じような状態でシュミレーション出来ます。

無制限のデバイス

マルチレーザーコントロール

レーザー装置を何台も繋げることが可能です。1台はグラフィック、4台はビームショーなどのように、色々な使い方に合わせた設定が行えます。
またこれらも仮想のシュミレーションも出来ます。

マルチレーザーエフェクト

様々なクラブやイベント等で培った経験をFiesta!2に反映させ出来上がった物がマルチレーザーエフェクトです。これにより同時刻に違うエフェクトを別の機材へ出力したりすることが出来るようになりました。
お客様やデベロッパーの要求にお答えしながらこれからも、より良く使いやすい製品作りをしていきます。

【もっと知りたい方は次のページへ】

【接続方法】